孝行のしたい時分に親はなし いつかやるではなくて今年からやろう!

思いを形にして感謝の意を表す

両親に対して子供が親孝行でプレゼントを贈るタイミングは沢山存在しているものだ。特に長年努めていた仕事を定年退職した場合、これまで育ててくれた苦労への感謝を込めてプレゼントを贈るべきである。

一方こうした時にどのようなものを贈るかは熟考する必要があるのだ。大人であれば自分の趣味に応じたものを贈るのは避けるべきである。定年退職した両親がこれから新しい就職先を探す場合、その仕事に役立つものを贈れば最も効率的である。通勤に使う靴やカバンは新品があるほど便利なため、喜ばれるプレゼントである。逆に定年退職を切っ掛けに特定の趣味に没頭する場合、それに使えるものを贈れば最高の親孝行になるのだ。カメラが趣味の人には、カメラを贈り、予算的にカメラが買えない場合は、その付属品であるカメラケースや三脚などを贈ると良いだろう。また、グルメが趣味であれば食事券を贈るという手もある。
そして、人によっては定年退職後に夫婦二人で楽しめる時間を作りたいと考える方も多いため、二人で遊べるような贈り物をすれば配慮があると感じてもらえるのである。夫婦ペアの旅行券やコンサートチケットを贈ればこれまでの疲れを二人で癒してもらえるのである。

もしも両親に親孝行で何を贈れば良いのか全く分からない場合、金券を贈るのが最適だ。何をするにしてもお金がかかるため、こうした品物は決して嫌がられないのである。両親が好きな事に使えると言う点をとっても魅力的な贈り物である。現金は味気ないため、できればチケットを贈るのが一番だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です