孝行のしたい時分に親はなし いつかやるではなくて今年からやろう!

必要としているものを察知しよう

親孝行をするための最も有効な手段が、両親へのプレゼントである。贈り物はいつ渡しても喜んでもらう事が出来るが、やはり何かの記念日であったり特別な日に渡す方が喜んでもらえるだろう。

例えば、両親の誕生日に何か贈り物をしようと考えた場合においては、単にお金や商品券を贈るよりも、将来的に思い出として残るものにお金を掛ける事が親孝行に繋がるのだ。例えば、日頃仕事で忙しく休みをなかなか取る事の出来ない両親に対しては、休日にリラックスしてもらうために、温泉旅行のチケットをプレゼントしたり、海外旅行のチケットを贈るなどすると効果的である。普段は味わう事の出来ない非日常的な空間を提供することによって、両親の人生をより充実した物にする事が出来るからだ。最近では、温泉だけでなくさまざまな観光地を巡る事が出来るバスツアーなどの企画も充実しているので、それらに参加してもらう事によって楽しい思い出をプレゼントする事も可能となるのである。知らない土地を右往左往しながら旅するのは疲れる、という方には、バスツアーの方が喜ばれるし、その場を時間いっぱい楽しむことができるのだ。

また、親孝行をするための方法は贈り物に限った話では無い。例えば、両親の住んでいる家の住環境を良くするためにリフォームの専門業者を呼んであげたり、生活に役立つ家具や家電を導入したりなど、両親が欲しいと思っている物を敏感に察知する事が大切であると言える。さすがにここまで行くと大金が必要になるので、兄弟姉妹で出し合ったり、アルバイトで資金を稼ぐのも良いだろう。しかし、贈り物をしたは良いが実際に使われなければ無駄な買い物になってしまう場合もあるので、何が欲しいのかを日常生活の会話の中でさりげなく聞き出す努力が必要なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です